35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』:読書感想

f:id:to-rudayon:20181204220211j:plain

落合陽一さん著書の

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』を読みましたので感想を書いていきます!

 

 

 

 

いや~難しかった

 

僕に知識と読解力が無いのか、内容を理解するのに時間がかかりました。

 

今の日本の教育がどのような経緯と意図で決まったのか

昔はそれでよかったが、今の時代は何が弊害なのか

どうすれば今後の教育が良くなっていくのか

 

落合さんの考えやこうしていきたいという考えに、熱意を感じる一方

僕自身が大学に行っていないことから、そもそも大学の必要性に疑問をもったり

アートについても、全く興味がなかったので、理解するのにとても難しかったです。

 

ただ、難しいからとよく分からないからと投げ出さずに

まずは最後まで読み切ろうと、分からないことをノートに書きながら読み進めました。

 

特に、落合さんの幼少期からの生成過程の話は面白かったです。

小さいろからの経験ってすごく大事なと思う半面

親からの影響力って子供の将来にすごく繋がっているのだと感じました。

 

だからこそ、これから親になる世代の人は、子供に様々な体験をさせてあげることの需要さや

小さい頃から、『仕事』に触れさせたげて、仕事は楽しいことを選んで良いんだよと教えて上げる必要があります。

 

その為には、我々大人が、仕事を嫌なものだと思いながらつまらなくやるのではなく

楽しいこと、夢中になれることを仕事として、子供たちに見せていく教えていく必要があるのだと思います。

 

今回の読書感想は、私の理解力が足らず上手く書けませんでした。。。

 

理解できるまで、5回でも10回でも読み直します!

 

 

 

------- ビジョン ----------------------------------------------------

私のビジョンは、営業を通じて

『沢山の人に出会い』

『沢山の信用を得て』

『沢山の人の役に立ちたい』

という事です。

また、営業は辛く苦しい仕事ではなく

楽しみながら社会貢献できる

素晴らしい仕事だと伝えていくことが目標です!

 

PCのご購入のご相談がございましたら、お気軽にお声掛けください!

-------------------------------------------------------------------------