35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

朝起きれない… そんなあなたに、早起きのコツ!

 

f:id:to-rudayon:20181222175916p:plain

朝起きるのつらいですよね…

 

分かります…

 

 

ツイッターやブログで、朝活朝活って言ってますけど

 

www.kawakamitooru.com

 

 

 

 

ぶっちゃけ、超眠い

 

 

 

朝活は好きなので、嫌なことは一つもないのですが

 

 

 

 

ぶっちゃけ、クソ眠い

 

 

 

そんな私と同じお悩みの人に伝えたい

 

すっきり起きられる、5つの早起きのコツをお伝え致します。

 

 

 

 

 

1.目覚ましは起きる時間に

5時に起きるなら、4時30分から目覚ましを鳴らすとか

6時に起きるから、15分前にセットするとかは

やめましょう!

 

人間、意思が弱い生き物ですから

あと5分…

あと5分…

と甘えてしまい、結局起きれません。

 

目覚ましは、起きる時間にセットしてパッ!っと起きる!

 

 

 

 

2.カーテンは開けたまま

防犯上、あまりオススメはできないのですが

人間のからだは陽の光を浴びることで活性化されます。

 

カーテンを開けたままにしておけば、陽の光で自然と目が覚める作戦です。

 

でも、冬の朝5時とかはまだ真っ暗ですし、防犯的によろしくないので、あまりオススメではないかな…

 

 

 

 

3.睡眠アプリを使う

睡眠には『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』があり

起きるときは眠りが浅い『レム睡眠』の時がいいです。

gussuri.xyz

 

 

単純な目覚ましで起きれない方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

4.何が何でも起きなくてはいけない理由を作る

朝活コミュニティに参加して、人と合う約束をしましょう。

約束は守るもの。

約束したからには、何が何でも起きなくてはいけません。

人は理由があればできます。

理由を作って起きましょう!

 

 

 

 

5.気合

最後は気合です。

目覚ましをかけようが、起きるのは気合です。

陽の光を浴びようが、起きるのは気合です。

レム睡眠だろうが、起きるのは気合です。

約束しようが、起きるのは気合です。

 

 

気合いで起きましょう!

 

 

 

とはいえ、毎日毎日気合で起きよう!と頑張ってしまうと

そのうち嫌になってしまうので

まずは自分のできる範囲でいいです。

 

明日だけでもいいです!

1日だけでもいいです!

 

まずはやってみること、やってみた結果どうだったかを、自分なりに考えることが大事です!

 

 

あとは、早く寝ることですね!

目標は、1日6時間以上の睡眠!

 

 

次回は睡眠について書いていきますzzz