35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている:書評

 

 

f:id:to-rudayon:20190131230702j:plain

 

 

読み終わったら、何を信じればいいのか分からなくなってきた・・・

 


表紙・内容ともにとても軽い感じの本なのかと思いきや

人の本質をえぐいほどついてくるいやらしい本ですねw

 


しかし、人の本質に気付かされるほど、とても素晴らしい内容でした!


皆さんは『錯覚資産』って聞いたことありますか?


僕は今まで聞いたことがなく、ニュースアプリで、林先生がテレビで『錯覚資産』を紹介したことを知り、この本にたどり着きました。


この本を読んで、僕は『錯覚資産』とは、自分に対して都合のいい思い込みと考えました。


自分に思い込みがあるということは、他人も思い込みがあるということになり、これは人間の脳の構造上、どうしても避けられないことのようです。


しかし、『錯覚資産』がどういうものなのかを、『知っている』のと『分かっている』のと『理解している』のと『行動している』のでは、えらい違いです。


『知っている』『分かっている』『理解している』だけで『行動している』をしていなければ、分かっていないのと一緒です。


本のタイトルのとおり、人生は運よりも実力よりも『勘違いさせる力』で決まっています。


正直、僕はこの本を読むまで


『そんな馬鹿な、実力より運が重要なら、頑張っている人は報われないのか?』
『相手を勘違いさせて得た結果なんて、詐欺に近いんじゃないか?』


と、まさにこの本の術中にハマったかのごとく、自分都合の思い込みをしていました。


実際に読んでみてビックリ!


確かに振り返ってみれば、世の中は『錯覚資産』で溢れかえっており、自分自身にも同じことが起きていると驚きました!


本で書いてあるとおり『錯覚資産』を上手く活用できれば、確かに人生イージーモード、逆に『錯覚資産』を分かっていないと人生ハードモードになるなと。


悪い方向へと利用してしまうと、それは『詐欺』になります。

いい方向へと利用すれば、あなただけでなく周りの人もハッピーにすることができます!


人によっては、本の冒頭は納得のいかないことや無理やりすぎると思う人も、いるかもしれません。


しかし、最後まで読んでください。

きっと、そのときあなたは、『読んで良かったな!』と思ってもらえる、そんな本です。


読んでみて損はありません!

ぜひ!

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている