35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

『七つの会議』:映画感想

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190210214436j:plain

 

池井戸潤さん原作の映画『七つの会議』を観てきましたので、感想を書いていきます。

 

 


「七つの会議」予告

 

 

 

 

サラリーマンは辛い・・・

 

 

観ている最中も、観終わった後も『サラリーマンは辛いなぁ・・・』と思っていました。

 

そして、立場が違えば考え方も違う

 

考え方が違えば悩みも違う

 

悩みが違えば行動も違う

 

 

正義とはいったいなんなのか?

 

そう問われる、とても魅力のある映画でした!

 

 

なにより、日本企業の体質というか良くも悪くも『風習』があり

 

それにより、自分が意図していなかったことまで起きてしまい、それが最悪の事態を引き起こすことまで・・・

 

 

ドラマ:半沢直樹でもあったセリフですが

 

『部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任』

 

まんまこの通りの責任のなすり合いが面白い反面、現実の企業でも起こっていることにゾワッともしました。

 

 

 

主人公の八角とは何者なのか!?

 

『働く事』の正義とは!?

 

日本をゆるがす大事件とは!?

 

 

池井戸潤さんの原作に豪華俳優陣の演技力!

 

絶対に観て損はさせない映画です!

 

 

まだ観ていない方は、ぜひ早めに映画館でご鑑賞ください!