35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

お金を払ってまで得る情報とは?

 

f:id:to-rudayon:20190301235715j:plain

 

 

前回のお金の話

 

www.kawakamitooru.com

 

自己投資にお金を出せていますか?って話です。

 

このブログの最後は、最近はネットで調べれば情報は無料で手に入るのに、なぜわざわざお金を払ってまで本を買って、時間をかけてまでセミナーを受けたりするのか?で終わらせました。

 

 

あくまで僕の考えではありますが、お金を払うことによりお互いの責任感があると思っています。

 

例えば、お金を貰う側であれば、買ってもらえる内容を書く必要があり、自分が何を伝えたいのかを一生懸命に考える。

セミナーであれば、お金を払って参加してくれた人に、なにを伝えてなにを持って返ってもらえるかを必死に考える。

そこで結果を出せなければ次回が無いかも知れない。

お金をもらうことに責任感があります。

 

お金を払う側にも責任感があります。

自分のお金を、浪費ではなく投資にする責任。

また、せっかくお金を払ったんだから、学ばなくちゃ損!とも思うでしょう。

本来なら、前向きに自主的に自分から『学ぶ』ことが大事ですが、『お金を払ったんだから!』という気持ちでも僕はいいと思っています。

 

 

これがお互いに無料だったらどうでしょうか?

 

提供する側は、自分の知識や才能をいつまでも無料で渡していると、モチベーションも高まらないですし、希少性もなくなります。

 

また、受け取る側も無料だと分かると、真剣に見聞きすることもなくなり、無料があたりまえだと思い込み、いざ有料になった時に反発します。

『今までは無料だったのに!』と。

 

 

ネットの情報に価値がないかというと、そんなことはありません。

有料の情報は全てに価値がるのかというと、そんなことはありません。

 

結局は、情報の価値の見極めが必要になります。

 

では、どうすれば見極められるようになるのか?

 

 

無料の情報も有料の情報も、とにかくアンテナを張って情報収集をして、取捨選択をしていくしかありません。

 

自分にとってなにが有益でなにが無益なのか

なにが有意義でなにが無意味なのか

なにが役立ってなにが役に立たないのか

 

どんどん吸収してどんどん捨てていってください!

そうすることで『この情報は無料でも手に入る』『この情報は有料じゃないと手に入らない』などが分かってくるようになります。

 

 

ただ一つだけ言えるのは

有料は有料なりの価値があり、無料はしょせん無料でしかない

ということです。

 

今の時代、情報を持っていることは、お金や権力を持っていることより強い時代です。

 

そんな貴重な情報は時にお金となり、時に力になります。

そんな『情報』は簡単には外に出ずに、有料でも手に入れるほどの価値があるのです。

 

そこには新たなビジネスチャンスが転がっていたり、あなたの人生を大きく変えるほどの出会いがあるかもしれません。

 

 

自分から情報を取りに行けるか?

お金を払ってでも学びたいと思えるか?

その情報に価値を見い出せるか?

 

 

今後、情報を持っていることは大きなアドバンテージになります!

 

ぜひ、自分から学んでいきましょう!