半径3メートル以内を幸せにする/本田晃一:書評

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190303075841j:plain

 

 

本田晃一さん著書の『半径3メートル以内を幸せにする』を読みましたので、感想を書いていきます!

 

半径3メートル以内を幸せにする

半径3メートル以内を幸せにする

 

 

 

 

いきなりですが、ちょっと考えてみてください。

 

 

あなたが心から幸せにしたい人は何人いますか?

 

 

あの人には恩があるから

あの人にはいつも良くしてもらっているから

あの人をいれないとなんだか悪いな

 

 

なんていう感情てきなことは取り払って

 

 

あなたが本当に心から幸せにしたい人は何人いますか?

 

 

 

 

数えれたでしょうか?

一人でも三人でも十人でも、あなたが心から幸せにしたいと思った人がいるなら、とても素晴らしいことですし、相手の方はあなたに思われてとても幸せだと思います。

 

 

さて、ここでもう一つ質問です。

 

 

 

あなたが心から幸せにしたい人の中に、あなた自身はいましたか?

 

 

おそらく、『幸せにしたい人の中心に自分がいたよ』と答えられる人は少ないと思います。

 

 

この本は、自分を中心とした『半径3メートルを幸せにする』方法や考え方が書かれた、素晴らしい本です。

 

『半径3メートル』といっても、物理的な距離ではなく

 

『半径3メートル』 = 『心の距離』

 

つまり、自分が心から大切にしたいと思う人たちのことです。

 

人を幸せにするためには、まずは自分が幸せにならなくてはいけません。

 

自分の幸せになしに、相手の幸せを優先することは、自己犠牲に近いものになってしまい、いつかあなたの心を蝕んでしまいます。

 

そんな、まずは自分が幸せになる方法や考え方が、この本に書かれています。

 

その上で

  • 幸ってそもそもなに?
  • 自分が相手にできることは?
  • 大切な人を幸せにするには?

ということが、精神論や気持ちだけで書かれていることなく、本当に相手を思いやり自分を思いやることが書かれていて、とても読みやすい内容になっています。

 

 

まずは『自分を満たしてあげる』

そして自分ができることで『相手を満たしてあげる』

 

 

あなたが心から幸せにしたい人は何人いますか?

 

この本を読むと、幸せにしたい人数が、今よりずっと増えるかも知れません。

 

 

半径3メートル以内を幸せにする

半径3メートル以内を幸せにする