やるしかない環境に自分を置く

 

 

f:id:to-rudayon:20190315233946j:plain

 

 

 

 

前回のブログの続きです!

 

www.kawakamitooru.com

 

 

 

『やれる人』『やれない人』・『続けられる人』『続けられない人』の違いや差はなんなのか?

 

 

 

究極、『やる』か『やらないか』なのですが、それ以外にも様々な行動の違いがあります。

 

 

『やるしかない環境に自分を置く方法』もその一つです。

 

 

例えば、本を読む・ブログを書く・勉強するなど、家でできることも多いですよね?

 

いざ取り掛かってみたものの、周りには誘惑だらけ

 

テレビ・漫画・温かいベッド・ネットサーフィン・お菓子

 

 

集中してやっているはずが、ちょっとだけちょっとだけと、つい誘惑に負けて手を伸ばしていませんか?

 

そんな時は、場所を変えてみましょう!

 

例えば、カフェ

 

本や勉強道具を持ってカフェに行けば、静かな店内で集中して取り組むことが出来ます。

 

周りに余計な物がないので、本を読むか勉強するしかありません。

 

 

誘惑そのものを遠ざけることで、やらなくては行けない状況を自ら作る!

 

 

『やろう!』という気持ちはとても大事ですが、『やり続ける意思』は簡単に折れてしまうものです・・・

 

だからこそ、意思だけに頼るのではなく、やらなくては行けない状況や環境を作ることで『やり続ける』ことができます!

 

 

実際に、自宅など同じ場所でずっとやり続けるより、場所を変えることで集中力は長続きするそうです。

 

 

やろうという意思だけで始めてもなかなか集中が続かない人は、ぜひ場所を変えてみて、自分をやるしかない状況に置いてみてください!

 

 

あなたの隠れたやる気が見えるかもしれませんよ!