35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

ブチ抜く力/与沢翼:書評

 

 

f:id:to-rudayon:20190322231048j:plain

 

 

 

 

与沢翼さん著書の『ブチ抜く力』を読みましたので、感想を書きます!

 

 

ブチ抜く力

ブチ抜く力

 

 

 

 

みなさんは、なにか一つのことだけでも『人生を』『全てを』『命をかけても』やり遂げたことはあるでしょうか?

 

やり遂げるとまではいかずとも、なにかを犠牲にしてでも徹底的にやったことはあるでしょうか?

 

 

僕自身、自分の過去を振り返ってみても、そこまで『ブチ抜いて』なにかに取り組んだことはなかったです・・・

 

 

『ブチ抜く力』を読んで、そこまで熱中できる人が結局は成功しているのだと、改めて感じることができました!

 

この本は読む人を限定するのではないかと思います。

 

 

と、いうのも、『安定して毎日を過ごせればいい』とか『誰かの言うことだけ聞いていればいい』など、自分の意思でやり遂げようという考えがない人には向いていない本だと思います。

 

逆に『自分の考えを貫き通したい!』や『一生をかけてでもやり遂げたいことがある!』など、人生を前向きに考えていたり、自分の全てを賭けてでも成し遂げたいことがある人などにこそ、読んでほしい一冊だと思います!

 

 

実際に、与沢翼さんのこれまでの人生は、とにかくとことんブチ抜いてきた人生なんだと読んでいて熱くなってきました!

 

これまで与沢翼さんといえば、『成金』『ネオヒルズ族』『チャラい』というイメージがあり、時の人だなと思ったら逮捕されて消えていったなという印象しか残っていませんでした。

 

 

ただそれは世間が持っているイメージやマスコミに¥の報道しか見ていいない、一方的な情報にしか過ぎず、結局僕も世間一般と同じ考えしか持っていなかったのだと恥ずかしくもなりました。

 

本を読み終わったあとの与沢翼さんは、とても印象が変わり、本当にストイックで与沢翼さん自信が『与沢翼』を信じてやまないんだなと感じました!

 

 

特に印象に残ったことは

 

初動が大事ということです。

飛行機と同じで、離陸するときが一番エネルギーを使い、一度空に飛び立てば雲の上を悠々と飛べるようになるということ。

 

空を自由に飛べるかは、初動にいかにエネルギーを使って本気で動けるかどうかにかかっているのです。

 

さらには、人は長期的な目標に対しモチベーションを維持できずに諦めてしまいがちです。

だからこそ、短期間で最短・最速で結果を出すためにも『ブチ抜く力』が必要になってくるのです!

 

 

この本は、ビジネス書とも見れますし、投資の本とも見れますし、健康・ダイエット本とも見れますし、情報・分析の本とも見れます!

 

一見、バラバラなことが書いてあるのかと思いきや、上記4つのことの大前提は一緒なのが面白いところです!

 

 

『全体の把握をして』『センターピンを掴みとり』『徹底的に実行する』

 

どれもシンプルにこの3つだけなのです! 

 

 

与沢翼さんなりの『ブチ抜くやり方』が惜しげもなく書かれており、本当に気持ちが熱くなれる本です!

 

 

ただし、与沢翼さんと同じことをやれば同じ成功ができるのかと言えば、そうとは限りません。

 

なぜならば、これは与沢翼さんの人生であって、あなたの人生ではないからです。

 

与沢翼さんには与沢翼さんのやり方が

あなたにはあなたのやり方が

僕には僕のやり方があります。

 

大事なのは、自分の考えを曲げずにやり抜くこと。

 

誰が何と言おうと、自分の考えを自分の責任の下にやりきって、決して他責にしないこと。

 

たとえ失敗しようが、自分の責任であれば後悔はないはず!

経験は必ず残ります!

 

 

与沢翼さんの真似をしろと言いたいわけではなく、一つの道しるべとして『ブチ抜く力』を読むといいと思います!

 

 

熱くなりたい人!

ブチ抜きたい人!

成功したい人!

 

 

少しでもそう思ったのなら、まずは行動して読みましょう!

 

ブチ抜く力

ブチ抜く力