35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法/山口楊平:書評

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190404230400j:plain

 

 

 

 

山口楊平さん著書の『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』を読みましたので、感想を書きます!

 

 

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

 

 

 

 

この本のタイトル通り生きていきたいw

 

切実な願いですw

 

 

 

ただ、残念?なことに、本当に1日3時間だけ働くための方法を書いてあるわけではなく、『考えることの大切さ』を教えてくれる内容になっています!

 

結果的に言えば、この『考え方』をマスターし実行できれば、たしかに1日3時間だけ働けばいい生活になるかもしれません!

 

 

これから時代は、どんどんAIやロボットにとって変わる世の中になります。

 

情報量やインプットや単純作業は、どうやったって人間はロボットには勝てません。

 

ではどんなことなら、人間はAIやロボットに勝てるのか?

 

 

 

それは考えることができることであり、コミュニケーションが取れることだと思っています!

 

 

考えることは人間にこそできる行為であり、最強のスキルであるからです!

 

 

ではどんな考え方が、もっとも効果的でもっとも効率よくできるのか?

 

 

 

その大事な方法がこの本にあますことなく書かれています!

 

また、それだけではなく、2020年以降の日本の未来を語られていたり

 

お金・信用・コミュニティの本質を突いたことまで書かれています!

 

 

楽に1日3時間働ける内容が見れると思ったらそれは勘違いです!

 

しかし、読んでみると『考え方』について深く知ることができ、とても勉強になる1冊です!

 

 

ぜひぜひ読んでみてください!

 

あなたの考え方が変わるかもしれません!