35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

量か質か?

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190416132700g:plain

 

 

 

どっちも大事ですね!

 

 

量だけやってやっても、一つ一つに気づきと改善がないとただの作業となってしまいますし

 

 

経験も無いのに、いきなり質が上がることもありません。

 

 

理想を言えば、量も質も同時に上げられるのが一番です!

 

 

とは言っても、なかなかそう上手くは行かないもので、どうすればいいのか悩む時期は誰しもがきっとあるはずです。

 

僕もこれまで営業という仕事してきた中で、何度か悩むときがありました。

 

ただこれまでの経験から言えば

 

 

まずは量をやることが最優先です!

 

四の五の言わず、やらない理由を考えず、できない理由を探さず

とにかく圧倒的な量をやることが重要です!

 

 

量をやるからこそ、改善点が見つかりどうすればできるようになるのかを考え抜いて、もう一度、量をこなす。

 

圧倒的な量があるからこそ経験値が溜まっていき、結果的に質が上がります!

 

 

逆を言えば、質が上がらない人は、単純に量が足りていないだけとも言えます。

 

 

この考えを自分で持てている人は、どんな仕事だろうが事業だろうが、結果が出せる人です。

 

上司や先輩など、人から言われてやる人は、たとえ量をやったとしても『なぜ量をやらなくてはいけないのか?』『量をやる中で、なにを見つけなければいけないのか?』が分からず、日々、単純に量だけを『作業的にこなしている』ので、質も上がらず、結果もついてこないという悪循環にハマりやすいです。

 

この悪循環にハマってしまうと、なかなか抜け出すのが困難になってきます。

 

テレアポの営業などがいい例ですね。

 

なんのためにテレアポをしているのか?

どうして話を聞いてもらえないのか?

どこを改善すれば良いのか?

 

こういったところに自分で気づき行動できることで、人から言われてやるより、圧倒的に結果が変わってきます。

 

 

量か質か?と悩んでいるのであれば

 

悩んでいる時間がもったいないので、早く量をやったほうがいいです!

 

ただし、単純に量を行うのではなく、一つ一つなにが良くてなにが悪かったのかを振り返りながら、次の1回に挑むことで、速い質が生まれてきます!

 

 

まずは量!

 

圧倒的な量は圧倒的な質を生み出します!