35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

1分であたりまえを疑え! ナイト in 原宿 イベントに参加してきました!

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190420221020j:plain

 

 

 

今回は4/19(金)に原宿で行われた

 

1分であたりまえを疑え!イベントに参加してきました!

 

 

このイベントではなんと

 

『1分で話せ!』の伊藤洋一さん

『あたりまえを疑え。』の澤円さん

『at Will Work』代表理事の藤本あゆみさん

 

 

f:id:to-rudayon:20190420221058j:plain

 

 

この三人とオーディエンスの前で、自分の思う、世の中のあたりまえを疑い1分でプレゼンするというイベントです!

 

 

 

 

事前にプレゼンターの応募があり、『これはやってみたい!』と思い、即応募!

 

 

 

 

 

 

しかし、落選・・・!

 

 

残念ではありましたが、今回はオーディエンスとして参加しました!

 

 

イベント前には『1分で話せ!』の著者である伊藤洋一さんにサインとツーショットを撮っていただきました!

 

ありがとうございます!

 

f:id:to-rudayon:20190420221316j:plain

 

 

 

 

19時にイベントが始まり、総勢20名の方が、1分の限られた時間の中で、思い思いのプレゼンをし、そのプレゼン内容に対し、審査員の3人が感想を述べていくという流れでした。

 

 

f:id:to-rudayon:20190420222349j:plain

 

f:id:to-rudayon:20190420222415j:plain

 

f:id:to-rudayon:20190420222434j:plain

 

 

 

審査員の感想と言っても、厳しいことを言われるわけではなく『プレゼン内容のここが良かった』『この話し方が良かった』や『ここを直すともっと良くなる!』という、とても具体的で前向きな意見を述べられており、写真で見ても分かるとおり、終始笑いが耐えないイベントになっていました。

 

 

20名の方、それぞれが全く違う内容や視点で、あたりまえを疑ったお話になっており、とても勉強になったり感心したり、もっとその話を聞いてみたい!と思ったりと、3時間があっという間に終わってしまうほど、楽しい時間でした!

 

 

ただ、終わってみて改めて思ったことが・・・

 

 

 

 

 

プレゼンターとして出たかった!!!

 

僕も自分の中に、あるあたりまえを疑っていることに対し、1分という限られた中で、どれだけ自分を伝えられるか試してみたかったし、澤さんからフィードバックを受けたいと、心の底から思いました。

 

ただ、ここで『たられば』を言っても仕方ありません!

 

次の機会があったときに、次こそプレゼンターとして出場できるよう、また他のイベントなどにも積極的に参加して、いつでも自分の思いや考えを発表できるよう、常に準備をしておきます!

 

 

20人のプレゼンターの発表が終わったあとには、なんと急遽、伊藤さんと澤さんから直々に、プレゼンの極意をお話しいただく時間がありました!

 

これは嬉しいサプライズです!

とても勉強になりました!

 

f:id:to-rudayon:20190420223846j:plain

f:id:to-rudayon:20190420223849j:plain

 

 

 

 

その後、審査員の3人がそれぞれ選んだ、ベストプレゼンターの発表!

 

 

f:id:to-rudayon:20190420223643j:plain

f:id:to-rudayon:20190420223652j:plain

 

 

 

その後、プレゼンターと審査員の全員で写真を撮ったり、交流会の時間を経て、イベントは楽しく終わりました。

 

 

 

改めて、プレゼンターの方々のお話を思い出すと、みなさんそれぞれに色々な思いがあり、皆さん全員が熱い思いを自分の言葉で真っすぐに伝えていらっしゃいました!

 

 

しかも、ほぼ初めて人前で話す人がいたり、伊藤洋一さんの『Yahoo!アカデミア』や、澤さんの『澤ゼミ』出身の方もいらっしゃれば、『今日は緊張しています・・・』と冒頭で言っていた人がいざ喋り出すと、まるでキャラクターが変わったりしたりと、本当に楽しく勉強になることばかりでした!

 

『プレゼン』とは、小手先だけの技術や話し方が大切なのではなく、その人の思いや体験、なにを核として伝えたいのかが、本当に重要なんだなと感じました。

 

 

ただただ、自分があの場に立てなかったことは悔しくはありますが、次こそは必ずプレゼンターとして立てるよう、僕自身も『誰になにを伝えてどうなってほしいのか?』を常に考え続け、プレゼン力を磨き続けます!