35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

弱者でも勝てるモノの売り方/上杉恵理子:書評

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190527232548j:plain

 

 

上杉恵理子さん著書の『弱者でも勝てるモノの売り方』を読みましたので、感想を書いていきます!

 

 

弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門

弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門

 

 

 

 

マーケティングの『マ』から勉強したい人に超オススメの一冊です!

 

 

舞台は、おじいちゃんから引き継いだ珈琲店を営む『エミちゃん』のお話。

 

お店を引き継いだものの、お客さんはさっぱり来なくて、お店の経営は火の車。

 

来月の家賃さえ危ういそんな時!

 

マーケティングの知識が豊富な『星さん』が現れて・・・

 

 

と、言うわけで物語の結果的にはお店は繁盛していくのですが、マーケティングを知らない『エミちゃん』が『星さん』にマーケティングのいろはを教えてもらい、お店がどんどん繁盛していく『エミちゃん成り上がりストーリー』です!

 

マーケティングの基本中の基本である

  1. 3C分析
  2. STP分析
  3. 4P分析
  4. SIPS分析
  5. SWOT分析&クロスSWOT分析

 

上記5つの分析手法が紹介せれており、マーケティングを知らない人でも、わかり易い内容となっています!

 

僕自信も、これまでマーケティングについて本格的に勉強をしたことがなかったので、専門書に入る前に、この本と出会えたのはとても良かったです。

 

もしかしたら、すでにマーケティングを勉強されている人や、仕事でマーケティングをやられている人からしたら、ちょっと薄い内容かもしれません。

 

しかし、これまでマーケティングを知らなかったり、これから勉強しようと思っている人には、初歩の入門としては最高の一冊となっています!

 

自社の弱みと思っていることが実は強みだったり、他者と変わりがないと思っている自社商品が、視点を変えるだけで顧客のニーズにあっていたりと、読むことで新しい発見があるかもしれません!

 

 

ぜひこの本を読んで、自分の仕事に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

とても読みやすくて分かりやすい内容になってますよ!

 

 

弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門

弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門