35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

夢を語れ!

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190716224517p:plain

 

 

 

 

『夢』はありますか?

 

 

 

小さな『夢』

 

 

中ぐらいの『夢』

 

 

大きな『夢』

 

 

 

回りからしたら『しょうもない夢』でも

あなたからしたら『壮大な夢』

 

 

 

無理だ・できっこない・現実を見ろと『馬鹿にされる夢』でも

あなたからしたら『情熱を持った夢』

 

 

 

なかなか『自分の夢』って、人に言うのが恥ずかしかったり、馬鹿にされるんじゃないかと思って、言い出しにくくなっちゃいますよね・・・

 

子供の頃は、恥ずかしくもなく、きっとその夢が叶うことを疑いもせずに、友達や親に言いまくっていたものです。

 

 

なぜ、大人になると『自分の夢』が言い出せなくなるのでしょうか?

 

これは偏に『回りの人間が諦めさせている』のではないかと感じます。

 

  • お前にはできない
  • 年齢を考えろ
  • 常識的に無理だろ

 

こんなこと言われたことはないですか?

 

そして、誰かに言ったことはないですか?

 

 

 

できないかどうかは他人が決めることでもなく、最後までやりきった自分が決めることです。

 

つまり、やりきってもいない自分がきめることでもありません。

 

 

 

夢は語ると叶うと聞きます。

 

それは語れば自動的に叶うものではなく、夢を口に出すことで周りにいる人の共感や共有を呼び『実は僕も同じ夢なんだ!』『その夢、素敵だね!応援させて!』とあなたの夢に人が集まるのです!

 

 

『夢』を口に出したり発信しないと、誰もあなたの『夢』には気づいてくれませんし、気づけません。

 

 

ここで僕の夢を書きます!

 

 

小さな夢から大きな夢までそれはもう数多くの夢があるのですが

 

 

一番壮大な夢を言うと

 

 

 

世界中の家族を笑顔にしたい!

 

 

これは今の仕事にも通じていることなのですが

 

会社のビジョンでもある『ママと子どもの明日を応援する!』というビジョンに、僕はとても共感しています。

 

そして一人でも多くの、ママの育児の孤独を解消したいと心から願っており

 

ママの笑顔

子どもの笑顔

パパの笑顔

兄弟の笑顔

おじいちゃん・おばあちゃんの笑顔

 

家族みんなを笑顔にできるようにすることが僕の夢です!

 

 

そのためには今の会社を大きくすることも夢のひとつです。

 

会社が大きくなればできることも増えていきます。

 

そして日本一の育児支援事業から、世界一の育児支援事業へ!

 

そして世界中の家族を笑顔にしたい!

 

 

 

世界とか馬鹿なことと思うでしょうか?

他人の家族を笑顔になんてと思うでしょうか?

 

 

誰に笑われようが馬鹿にされようが、僕は本気でこの夢が叶うと信じています。

 

もちろん僕一人の力だけでは難しいです。

 

しかし、一緒に働いている仲間がいます。

そしてこうやって僕の夢を発信したことにより、同じような気持ちを持ってくれている人がいると信じています!

 

 

もちろん待っているだけではなく、僕からどんどん外に出て同じ気持ちの人を探すことも大切です。

 

これからも、自分の夢をいろいろな場で、もちろんブログだけではなく、リアルな場でもどんどん夢を語っていきます!

 

 

少しづつでも同じ夢を共有できる人と繋がり、何かしらの形を一緒に作っていけたら嬉しいなと思います!

 

 

夢を語ろう!

 

どんな夢でも僕は応援します!