35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

1分で売る/堀口龍介:書評

 

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190731230723j:plain

 

 

 

堀口龍介さん著書の『1分で売る』を読みましたので、感想を書いていきます!

 

 

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」

 

 

 

何度かこのブログでも書いていますが、僕は『営業』をやっています。

 

 

そんな中、最近の悩みが

 

 

 

『検討します』と言って、永遠と答えを出して頂けないお客様がとても多いのです。

 

 

『なにを検討されているのですか?』とお聞きしても

 

『いや、全体的に・・・』

 

 

 

 

 

全体ってなんやねん!

 

と、正直口には出しませんが心の中で思ってしまいます。

 

 

ただ、お客様のせいにしているわけではなく、これは僕がお客様に、価値を感じていただける提案ができていなかっただけです。

 

 

100%僕の責任です。

 

お客様に『検討します』と言わせてしまっているのは、僕自身のせいなのです。

 

 

 

そんな悩みを抱えている中で『1分で売る』という一冊に出会いました。

 

 

1分で売ると言っても、1分以内にクロージングをしろと言っているわけではなく

お客様に『即決』をして頂くためのノウハウが書かれた一冊となっています!

 

 

読んだ感想を先に書いてしまうと

 

 

 

ちょっと強引すぎるけど、これぐらいの勢いや言い切りが即決営業には必要なのか!

 

と、感じました!

 

 

言い方や言い回し、相手との信頼関係にもよるのでしょうが、この本に書いてあることセリフをいきなり言い出してしまうと、やや喧嘩腰な言い方になってしまう恐れがあります。

 

反面、堂々たる姿勢で当たり前のように言えるとしたら、これほど強力な即決営業のやりかたは他にはないと思いました。

 

 

もちろん、少し強めのセリフであっても、なぜその言い方が必要なのか?

あなたの売っている商品の場合はどのような言い方が当てはまるのか?

 

など、ロジカルに考えるためのシートが用意されており、言語化をして再現性が生まれやすいように工夫もされています。

 

 

なにがなんでも即決営業が全て良いとは言いませんが、少しでもお客様の『検討します』を減らし『即決してもらう』ことで、自分だけでなく実は『お客様のため』にもなることもあるのです。

 

その典型的なのが、お客様に『迷い』があるときです。

 

迷っているからこそ『検討します』と言ってしまう。

 

そのお客様の『迷い』に手を差し伸べ、背中を押してあげることができるのは、やはり『営業』という仕事なのだと思っています。

 

 

営業をされている方で、お客様の『検討します』に悩んでいらっしゃいましたら

ぜひ、この一冊を手に取り読んでみてください!

 

とても勉強になることが多く書かれていますよ!

 

 

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」