35歳、日々の気付き

ビジネスに役立つ情報や、本の書評を書いています!

初めて1日中在宅ワークをやってみて感じたこと

 

 

 

f:id:to-rudayon:20190909230906j:plain

 

 

 

 

先日の台風15合は記録的な暴風となり、関東近郊各地に傷跡を残し、多数の犠牲者が出たと報じられていました。

 

まずは、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方の早い回復を願っています。

 

 

 

そんな台風が通り過ぎた週明けの月曜日の朝、ニュースを見ると東京各地の交通網が麻痺し在来線がほとんど機能していないと報じられていました。

 

僕も都内在住で、職場も東京のため例に漏れず職場までのアクセスに悩んでいました。

 

しかし幸いなことに、僕の職場では前日の夜に上司から

『明日は台風の影響で出社が困難なため、午前中は自宅待機、午後に来れそうな人は安全第一で出社してください』とのメールが。

 

しかも在宅ワークを推奨とまではいきませんが容認している企業ですので、上司に報告さえすれば在宅ワークは認められます。

 

僕も朝早めに起きて午前中は家で仕事をして、午後から出勤しようかなと思っていたのですが、翌々考えてみると、お昼すぎから出勤すると

 

出勤に1時間

勤務が5時間

帰宅に1時間

 

 

 

たった5時間働くためだけに通勤に2時間かけるのって無駄じゃね?

 

それにお昼になるに連れニュースでは

 

『駅に入場するのに長蛇の列』

『電車を何本も見逃してホームに人が溢れかえっている』

『乗ったはいいが全然進まない』

 

などなど、出勤することに時間を使っている映像を見て、余計に出社することに嫌気がさしました・・・

 

と、言うことで午前中はすでに在宅で仕事をしていた為、上司に報告をし引き続き午後も在宅で仕事をすることに。

 

 

初めての1日中在宅ワークの始まりです。

 

結論から言うと、実際にやってみてメリット・デメリットが見えてきました。

 

 

 

メリット

  • 上記にも書きましたが通勤の2時間が削れる
  • 誰にも邪魔されないので集中する環境を作れる
  • パジャマのままでいい
  • 飼っている犬と猫とずっと一緒にいられる

 

デメリット

  • 連携を取りたい案件で、直接すぐに話せないのでスピード感がワンテンポ遅くなる
  • 1日だけなら問題なさそうだが、長期だとコミュニケーション不足になりそう
  • 5人でWebミーティングをやると、Web上のタイムラグで会話のテンポが悪い
  • 集中する環境は作れるが、自宅ということもあり、だらける環境も整っている
  • 犬と猫とちょっと遊んじゃう

 

在宅ワークをやる前から想像できたことと、やってみて初めて気づいたこともありました。

 

特に『集中』ということに対して、自宅なら一人で集中できるだろうと思っていましたが、案外集中が長く続かなかったなと感じました。

 

僕は自宅ではとてもリラックスできるように、環境も家具もそろえているので

仕事を持ち込み集中できる環境を整えたとしても、リラックス環境には敵わず、どうしても集中が続かずにだらけてしまう考えに陥りやすかったです。

 

犬と猫が可愛いのも原因です

 

『集中』ということであれば、職場にいたほうが誰かに見られている緊張感や、完全に意識が仕事に向いているので集中しやすいなと感じました。

 

反面、在宅では急に人から話しかけられることで集中が途切れることがないので、そこはいいなと思いました。

 

 

また、誰かと連携を取りたい時のスピード感の違いです。

急ぎの案件を確認したい時や、分からないことがあって聞きたい時など、職場にいれば隣にいたりすぐに話せる距離にメンバーがいるのでコミュニケーションを取りやすいですが、在宅だとチャットでやり取りをしたり電話でやり取りをしたりと、直接話したり資料を共有したりする際のスピード感がワンテンポ遅れてしまうなと感じました。

 

ただ、上記に書いた5つのデメリットに対しては、それぞれ解決策はありそうです。

 

スピード感が遅いと感じるのであれば、互いの共有できる時間を確認して、聞きたいことをまとめて一気に漏れなく聞けるようにする。

 

コミュニケーション不足になりそうなら、月に3回とか週に1回は必ず顔を合わせるようにする。

 

Web会議に会話のタイムラグが出るなら、タイムラグが出づらいアプリを利用する。

 

自宅で手中できないなら、近所のカフェなどに場所を移してみる。

 

犬と猫が可愛いのはどうしようもない。

 

 

つまり、できない理由を探すのではなく、どうすればそれを問題なく行えるようになるのかを考え実行することで、新しいやり方にしていけるのだと思います!

 

特に今回の台風被害があったにも関わらず、勤勉になんとしてでも会社に出社しようとする日本人の考え方はまだまだ古いように感じます。

 

もちろん、個人では在宅ワークで仕事をしたいと思っていても、企業側がそれをよしとしていなかったり、まだ体制が整われていない企業もあることは重々承知しています。

 

 

ただ、上記に書いた通りに、できない理由を探すのではなく、どうすればできるようになるのか?と、課題を一つ一つつぶしていくことで、開ける道もあるのではないでしょうか?

 

『うちの会社は在宅やリモートをやったことがないから』

『会社員なんだから顔を合わせて当然だろ』

『家で仕事なんてさぼるだけだろ』

 

もし、あなたが在宅ワークをやってみたいと思うなら、声を上げてみてはどうでしょうか?

働き方が多様化している今の時代に、昔ながらの考えを押し付けてくる『頭の固いおっさん』には、今の時代を生きるあなたが教えてあげるのです!

 

最初の一声がやがて波紋を広げ大きな声になって、会社の考えも変わるかもしれません!

 

ですが何も言わないと変わらないままです。

 

また、大きな災害があったときも、翌日には例え何時間もかかろうが出勤するあなたの姿があります・・・

 

 

在宅ワークはいいところも悪いところもありますが、やってみるとこの仕事に関しては在宅がいいな、この仕事は職場でやったほうがいいなと、臨機応変に仕事に取り組むことができるようになります。

 

まずはぜひ、在宅ワークをやるための環境を整えてみてください!

 

家にペットを飼っている人は要注意ですけどね!