自分”軸” ~my axis~

自分の”軸”を見つけるための、ちょとした後押しをするブログです!

選択肢が多いときはどうするか?

 

 

f:id:to-rudayon:20200521223217j:plain

 

 

 

想像してみてください

 

あなたの前に一本の道が続いています

それがあなたの人生だとします。

 

これは幸せでしょうか?

 

 

 

逆に

 

あなたの前に無数の道が分かれています。

 

これは幸せでしょうか?

 

 

 

 

どっちが幸せなのか、幸せではないのかは人それぞれではありますが

すでに決められた人生があるとしたら、それはそれでつまらない人生かもしれません。

 

では無数の分かれ道がある人生は、反対に楽しいのか?と考えると、あまりに選択が多い人生も悩みが多いのかもしれません。

 

 

そんな時、何を基準にして無数に広がる道の一つを選べば良いのか?

 

これには2つの方法があります。

 

1つは『やらないことを決める』ということです。

 

例えば、目の前に10本の道があるとします。

 

その道をひとつひとつ見てみると

 

ちょっと危なそうだな・・・

嫌いな人が見えるな・・・

嫌な予感がするな・・・

 

と、直感や経験などから、この道には行かない(やらない)という決断をし

1本の道に絞っていく方法です。

 

決して消去法ではなく、この道に行かない(やらない)と決めることが大事です。

 

 

 

もう一つの方法が『自分の”軸”で決める』という方法です。

 

例え目の前に10本の道があっても、『自分の”軸”』に照らし合わせて

『自分はこの道を行く!』と決意し進むことです。

 

他の9本には目もくれず、揺るぎない想いと意思で進む方法です。

 

 

でも、実はこの2つの方法は表裏一体なことにお気づきでしょうか?

 

 

それは、何かをやると決意することは、他の何かをやらないと決意しているのです。

 

自分の”軸”で考えて、10本の道の中で1本の道を選ぶ決意をしたのです。

自分の”軸”で考えて10本の道の中で9本の道は選ばない決意をしたのです。

 

 

人生は常に選択と判断の連続です。

 

何かをやると判断したのなら、他のことをやらないと判断したのと同じになります。

 

 

では、選択肢が多いことはいいことなのでしょうか?

 

僕は選択肢がない人生よりは、選択肢がある人生の方がワクワクします。

 

 

『幸せとは、選択肢があり、自分で選ぶことができる』と聞いたことがあります。

 

僕は全くもってそのとおりだなと感じました。

 

選択肢がなければ、選ぶこともできない。

 

例え選択肢があっても自分で選べなかったら、自分の人生ではありません。

 

人に選ばれたら、それは他人の人生を生きていることになります。

 

そうではなく、自分の人生の道は自分で決める。

 

何をやりたいのか・何をやりたくないのか・どうしたいのか・どうありたいのか

 

これを決めるのは自分自身です!

 

 

選択肢が多いのはいいことですが、あまりに多すぎるとそれはそれで迷ってしまうかもしれません。

 

でも、一つづつこれはやらないと決めれば、一つのこれをやると決断すれば、あとはそこに集中してやるだけです!

 

 

何かに迷って選べなくなったとき、自分の”軸”で考えて『これはやらない』と決断してみてはいかがでしょうか?

 

 

ではまた!